関西 人 は なぜ 阪急 を 別格 だ と 思う のか。 「関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか」(交通新聞社新書・伊原薫著)を読む : 阪和線の沿線から

関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか ブランド力を徹底検証! / 伊原 薫 著 京都 大垣書店オンライン

たとえば大阪梅田駅のホームを見てみると、ツルツルで光沢を放っていて、明らかに他の駅とは違う。 第1章 関西における阪急の威力 -信頼を築くー 第2章 「電車」の概念を変えた阪急 -伝統を守り、進化するー 第3章 駅とサービスに見る、こだわり気質 -創意工夫を凝らすー 第4章 順風満帆か波乱か? 阪急の歩み -挑み、前進するー 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 阪急は関西で圧倒的なブランドを確立している。

阪急電車、タカラヅカ、百貨店…“憧れの阪急”検証本が人気「関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか」(まいどなニュース)

ブランディングという概念のない時代から、いかにしてそのブランドをつくりあげ、守ってきたのか? 関西をはじめ全国の鉄道に明るい著者が、さまざまな視点から阪急の個性に注目。 その5年前の1905年には、大阪と神戸間に阪神電気鉄道がすでに開業しており、また阪急の営業開始1か月後の1910年4月には、大阪と京都間に京阪電気鉄道が開業します。

Next

関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか (交通新聞社新書)

勿論それは、そういった過大評価でさえも容認できるほどの力が、所謂「ブランド力」であり、それを様々な手段でどこまで構築していくことができるのかの違い、ということに落ち着くのかな、と思っていますし、それが阪急沿線にくらべて、私の住む沿線では足下にも及ばない、というのも十分理解しているつもりです。 「野球と阪急の深い関係」「お客様に優劣をつけない 阪急のポリシーを強めたある事件」「阪急電車をつくり続けたメーカーは今、路面電車の国内トップメーカーに」「他社にはあって、阪急にはないアレ」「こんなにあるグループ会社」など、阪急トリビアにへえーっと感心するだけでなく、人生や仕事に小さなヒントをくれそうなストーリーが詰まっています。 文:一橋正浩. それを解き明かしたのが、近著『』(交通新聞社新書)だ。

Next

関西人に「別格」扱いされる阪急 「鉄道会社らしからぬブランド力」とは

その中で、関西の私鉄大手・阪急電鉄は、JCSI(日本版顧客満足度調査)の近郊鉄道部門において、11年連続の1位(2020年現在)を獲得。 ---------- 伊原 薫(いはら・かおる) 鉄道ライター・カメラマン 1977年大阪府生まれ。 それを解き明かしたのが、近著『』(交通新聞社新書)だ。

Next

関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか

阪急は創業時から、鉄道事業と共に沿線開発にも積極的に取り組んできた。 阪急梅田駅は、「ターミナルデパート発祥の地」である。 鉄道・旅行雑誌や書籍、Webニュースなどで執筆するほか、テレビ番組への出演や監修など幅広く活躍する。

関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか / 伊原 薫【著】

阪急といえば、個性派ぞろいの関西私鉄各社のなかでも「高級」「美しい」といったイメージが強い。

関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか ブランド力を徹底検証! / 伊原 薫 著 京都 大垣書店オンライン

外観だけではなく、アンゴラヤギの毛を使用した肌触りの良い座席など、車内においても美しさ、快適さを追求している。 一読すれば全てが分かるとまでは申しませんが、理解の端緒は得られますし、少なくとも「阪急ファン」にはなってしまう。 誰も住んでいない沿線に、鉄道と合わせて住宅開発を手掛けることで、住民を増やし、乗客も増やすという展望を描いた。

Next