競艇 西川 八百長。 ボートレース八百長疑惑で元競艇トップ選手が逮捕…賞金総額1億7500万円から“転落”の真相

【八百長事件の真実と経緯】西川昌希 著「競艇と暴力団「八百長レーサー」の告白」

名古屋地裁は、西川昌希被告に 懲役3年の実刑判決と追徴金3,725万円(求刑懲役4年、追徴金3,725万円)を、親族の増川遵被告に 懲役3年・執行猶予5年と罰金1,100万円(求刑懲役3年、罰金1,100万円)を言い渡しました。 今後の期待も高かった西川昌希被告が突然引退した理由については、一部のメディアが、以前から悩まされていたという持病の腰痛が悪化したためだと報じています。

Next

競艇八百長で元ボートレーサー西川昌希逮捕され判決が決定!!:全貌と緊急記者会見八百長レース2019年7月2日琵琶湖│競艇予想サイトを無料予想・口コミ・実体験で比較検証する競艇ブログ競艇万事屋

この八百長疑惑の噂が、西川昌希被告の本当の引退理由だったのでは?と噂される事になりました。

【続々報】競艇八百長、元レーサーに懲役3年の実刑判決

【目次】(「BOOK」データベースより) 1章 逮捕/2章 弘道会紙谷一家/3章 八百長/4章 黒い水面/5章 転覆/6章 法廷. 三国 9月21日・第11 1号6着 競艇選手が不正な順位操作をして賄賂を受け取ったとされる贈収賄事件で、贈賄側の塗装会社員、増川遵容疑者(53)が、元選手の西川昌希容疑者(29)の出走レースを次々に的中させ、2016年2月ごろから19年9月までに 利益が3億円超に達していたことが関係者の話で分かった。

Next

【ベストセラー】『競艇と暴力団「八百長レーサー」の告白』

もちろん、競走会は異常投票(不自然なオッズ)をチェックしているので、本気で調べればある程度は明らかにできると思いますが、あとは競走会の問題です」 日本モーターボート競走会は、「判決を大変重く受け止め、選手への指導強化など再発防止に全力で取り組む」(広報課)と説明。 この事件の際に八百長を疑われたのは琵琶湖競艇場で行われた一般戦の2レースで、この300万円は仮にどちらのレースとも1着を獲った場合の賞金よりも高い金額となっています。

Next

八百長レーサー『西川昌希被告』!!【競艇と暴力団~八百長レーサーの告白~】【発売中】

借金が増えた結果、自分でレースを操作して高配当舟券を演出することを思いついたのかもしれません。 他にも 八百長やってる やってた 選手はいるんだろうな…西川一人だけじゃなさそうだよね。 再発防止に全力で取り組んでまいりたい」とコメント 八百長全レース紹介:元ボートレーサー西川昌希容疑者• 「俺は逮捕された時点で(懲役に)行くつもりなので、覚悟はできています。

Next

【続々報】競艇八百長、元レーサーに懲役3年の実刑判決

「6艇のレースは3連単の組み合わせが120通り。 報酬は1レース当たり数十万~数百万円で、山口県と愛知県の競走場では1日に2レースで八百長をしていたとした。 俺は、何の気なしにこう言った。

競艇の八百長事件で3億円近い現金が山分けに!?西川選手逮捕のきっかけ

このような航法を行うと即刻帰郷という重いペナルティが課せられます。 このように八百長はファンへの裏切り行為であり、法律違反となるのです。

Next