Ai マグロ。 AIマグロが誕生!AIが職人と85%の一致度でマグロの品質判定 |電通

くら寿司、マグロの品質判定にAI導入 精度は熟練者級:朝日新聞デジタル

くら寿司が7月10日より"AIまぐろ"を発売• 今回は、従業者の高齢化が深刻な課題となっている水産業界において、一人前になるまで10年は必要といわれるマグロ仲買人の「目利き」のノウハウに着目。 AIのビックデータは働く人には脅威 よくAIは人間の仕事を奪うという事を最近聞くようになりましたが、この話もまだ当分先の話だと思っていましたが、もう目の前までその状態は迫っています。 日本の高度な目利きが、世界中どこでも実現可能になりました。

ついに始まる、マグロの養殖はAIとIoTで自動化の領域に

実証実験詳細 実証実験は2段階で実施。

Next

くら寿司「極み熟成AIまぐろ」を発売! AIが選別した特上まぐろを味わう

また、2人は3種類のマグロの尾の断面写真から、最もランクの高いマグロを目利きするクイズにも挑戦し、「断面の凹凸」「色のコントラスト」といった判定基準のヒントをもらいつつ見事に正解。

Next

AI・IoT技術によるクロマグロ幼魚のサイズ測定自動化サービスを開発 (2020年5月21日): プレスリリース

少子高齢化等の社会構造の変化を背景に、技能継承が課題となっているさまざまな産業において、その技能をAI・人工知能をはじめとした技術を活用して継承する取り組みです。 実際に試食してみると、みずみずしい歯応えと口に広がる深いコクや風味が特徴的で、濃厚なうまみや酸味といった、マグロ本来の強い味わいを堪能できる逸品となっていた。

Next

マグロの質をAIが目利き!職人技を継承する「TUNA SCOPE」

わずか数秒で判定するなんて、さすがAI(人工知能)ですね!って、感心ばかりしていられません。

マグロの質をAIが目利き!職人技を継承する「TUNA SCOPE」

現代の日本では、少子高齢化などの社会構造の変化を背景に、熟練職人が持っている技能継承が様々な産業で大きな課題となっています。 よって継承もすぐにできるものではなく困難を極めます。

Next

くら寿司が挑む、マグロの「AI仕入れ」。新商品「AIまぐろ」を実食…プロの目はデジタル伝承できるか?(BUSINESS INSIDER JAPAN)

また、運用次第では、マグロ以外の魚でも対応できることが期待されています。 水産業のイノベーションについては多様な解がありうるが、ここではAIを使って漁業の自動化および効率化を達成していこうという取り組みについて紹介していきたい。

くら寿司がマグロの品質判定にAIを導入

以上 (ご参考) NTTドコモの概要 会社名 株式会社NTTドコモ 設立 1992年 所在地 東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー 代表者 代表取締役 社長 吉澤 和弘 事業内容 通信事業、スマートライフ事業 電通国際情報サービスの概要 会社名 株式会社電通国際情報サービス 設立 1975年 所在地 東京都港区港南2-17-1 代表者 代表取締役 社長 釜井 節生 事業内容 コンサルティングサービス、受託システム開発、ソフトウェア製品の販売/サポート、 アウトソーシング・運用保守サービス、情報機器販売等 双日ツナファーム鷹島の概要 会社名 株式会社双日ツナファーム鷹島 設立 2008年 所在地 長崎県松浦市鷹島町阿翁浦免字迎801番4 代表者 代表取締役社長 大西 啓之 事業内容 まぐろ養殖 URL. しかし今回紹介する「ツナスコープ」は、そのプロの長年のあらゆるノウハウのデータをAIがデータを蓄積し、その中で正確なマグロの品質を判断できるのが、今回の開発したAIアプリの「ツナスコープ」です。

Next