国家 公務員 試験 総合 職。 国家公務員の総合職と一般職の違い

国家公務員になるには

この面接は官庁訪問と呼ばれ、自分が志望する府省等に関する知識を深めるとともに自己PRをする重要な機会です。

Next

国家公務員の総合職と一般職の違い

詳細な試験日程については、を御覧ください。 国の機関で勤める人を「 国家公務員」、地方公共団体で勤める人を「 地方公務員」と言われ、現在公務員の数は国家公務員が 約65万人、地方公務員が 290万人も働いています。 総合職と一般職の仕事内容・役割の違い は、大きく「総合職」「一般職」「専門職」の3種類に分けることができます。

Next

キャリア (国家公務員)

人事院 [ ] 近年では、総合職職員として4~10名程度採用されている。 2 法律 8,010 1,030 377 21. cas. このため、公務員試験受験生の間ではと称されることもある。

Next

【国家公務員一般職・総合職】合格者数、合格率の推移

総合職の採用試験はハイレベルなものとなっており、難関大学出身者も多く受験します。 また、経済産業省は、採用後、事務系、技術系に関係なく配属が行われるのも特徴です。

総合職試験(大卒程度試験)|国家公務員試験採用情報NAVI

一方、ノンキャリアとして採用された警察官は都道府県単位で採用された地方公務員であるため、立場が国家公務員の扱いとなる警視正以上の階級に昇任しない限り都道府県を跨ぐ人事異動は無い。 「国家公務員総合職」の勤務地 国家公務員は、主に1府13省庁で構成される中央省庁のいずれか、もしくはその出先機関・関連機関に所属し、その府省庁や出先機関がそれぞれ担当する仕事に従事します。

Next

厚生労働省 総合職採用TOP

職務内容が国民への奉仕であり、数値化した業績の指標を出すことが難しい。 このように仕事内容も全然違うのでどちらが正しい選択とは言えません。 俗に「キャリア官僚」とも呼ばれています。

Next

【国家公務員一般職・総合職】合格者数、合格率の推移

施設系のI種採用者は主に国家公務員採用I種試験の「理工I」(旧建築)区分合格者から採用され、大臣官房の文教施設企画部が官庁訪問の窓口である。 この試験は、文章理解(国語・英語)、数的処理(数学)、知識分野で構成されていて、知識分野という膨大な範囲からの暗記問題が大卒は13題なのに、院卒は6題。

Next