検事 総長 定年。 検察庁法改正案 元検事総長ら反対意見書の全文 ルイ14世の「朕は国家」想起:東京新聞 TOKYO Web

黒川検事長の定年後「勤務延長」には違法の疑い(郷原信郎)

黒川の報道に対して、与野党から批判が相次ぎ、幹事長は「事実であれば職務を続けられる話ではない」、の国会対策委員長は「組織のリーダーとして失格と言わざるを得ない。 一般の国家公務員については、一定の要件の下に定年延長が認められており(国家公務員法八一条の三)、内閣はこれを根拠に黒川氏の定年延長を閣議決定したものであるが、検察庁法は国家公務員に対する通則である国家公務員法に対して特別法の関係にある。 また菅官房長官は5月19日の記者会見で、検察庁法の解釈変更に関して「検察官の人事制度に関わることであり、(国民や国会への)周知の必要はなかったと考える」と答弁した。

Next

検事総長退いた稲田氏、定年延長は「答え差し控える」 [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

検察庁法22条は、「検事総長は、年齢が65年に達した時に、その他の検察官は年齢が63年に達した時に退官する。 検察庁法改正案は、国家公務員の定年を引き上げる法案の一つとして、一括で国会に提出されている。

検事長の勤務延長は官邸ではなく法務省から言い出した話? 求められる真相解明(前田恒彦)

検察官の定年を63歳から65歳に延長する検察庁法改正案も含んでいる。 野党やマスコミが主張するのは、 三権分立の観点から政権が検察の人事に口出しをすべきではないということらしいです。 後述する国家公務員法改正において、2019年10月時点で固まっていた改正案には検察官を政府の判断で延長できる特例は入っていなかったが、黒川氏の延長が閣議決定された1月末になって同時期に盛り込まれた。

須田慎一郎が解説~東京高検の検事長定年延長決定の裏側

(明治8年)6月7日:「大検事」(後に)を大審院詰とした。 2020年5月26日閲覧。 政治的な駆け引きとか根回しとかもいろいろやっているので、これだけ長期政権が続いたといえそうですね。

Next

社説[検事長の定年延長]中立揺るがす官邸介入

そんな時、大臣官房審議官から松山地検検事正に異動して2カ月にしかならない黒川氏が、大臣官房付として呼び戻され、検察官らに加え、学者や弁護士を含めた事務局をまとめるトップに据えられたところに、その有能さへの期待がうかがえた。

Next

東京高検・黒川検事長の定年延長問題が示す安倍政権の末期現象

2月7日に退任する黒川氏の後任には、林真琴・名古屋高検検事長が横滑りし、さらにその林氏が稲田氏の後任の検事総長に就任するはずだった。 俸給 [ ] 検察官の俸給は、「検察官の俸給等に関する法律」に規定されている。

Next

「検事総長が辞めていれば」…泥沼にはまった官邸、政府高官恨み節 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

を経て 、1981年、第1類(コース)卒業。 日本経済新聞 2020年5月22日. 実際、国家公務員の定年制度導入を論議した1981年4月28日の衆議院内閣委員会でも、政府は「検察官と大学教官につきましては、現在すでに定年が定められております」として、国家公務員法での定年制度に、検察官は含まれないと明言している。 毎日新聞. それについては、今後の裁判をきちんと見ていかなければなんともいえない。

Next

黒川検事長の定年延長を事前に承認した稲田検事総長の説明責任は?

しかし、これまでは、前任の検事総長が後任を決めるのが慣例とされ、政治的判断を排除することが、検察の職権行使の独立性の象徴ともされてきた。 緊急時に口頭決裁が認められる余地を否定するものではありませんが、今回の件は、緊急性そのものが認められません。

Next