日本 の 伝統 音楽。 日本の音楽の特徴について

幕末から染み渡る西洋音楽の影響

公家 くげ 、武家、僧侶など上流階級に愛好され、14世紀にかけて隆盛したが、15世紀末ごろから衰退した。

Next

日本の音楽の特徴について

次期に俗箏が派生した以後は衰え、いまはごく少数が伝承するのみである。 西洋音楽が除外されるのは、それがやはり西洋文化の所産であり、規範が依然として西洋にあるからである。

Next

【13

嘉永6年(1853)に開国を求めて来航したアメリカのペリーとロシアのプチャーチンが率いた軍楽隊は、その大音響で人々を驚かせた。 道徳観というとちょっと語弊があるかもしれないんだけど、何か行動しようとするとき、それが自分や社会にとって良い方向につながるかそうでないか、判断する尺度をどこに持つのかというのは大切な話です。

Next

伝統音楽は「現代音楽」を目指す: Studio RAIN's diary

Army Band 画像は筆者作 私たちの生活にも馴染みのある「蛍の光」ですが、実は日本の曲ではなく、スコットランドの民謡「オールド・ラング・サイン Auld Lang Syne 」が原曲になります。

Next

東京音楽大学

jp2• はじめに朝鮮の音楽、次いで中国の音楽が日本に伝来したといわれています。

Next

日本の音楽の歴史・伝統について解説!

明治12年(1879)には管弦楽をめざして伶人有志が自主的に弦楽器にとりくみ、同じ年に設置された音楽取調掛の事業にも芝葛鎮・上真行・奧好義ら主要メンバーが教員や伝習人として協力した。 jp2• もっとも広義には今日の日本の西洋音楽をも含めていうこともある。

Next

日本の「伝統芸能」にはどんなものがある?

それらの種目では一時は専門家の廃業・転業が相次いだが、やがて各種目それぞれに新方向をみいだし、一般愛好者に普及するようになる。 資料が乏しくて実態は不詳だが、記紀、風土記 ふどき 、『万葉集』などの文献や埴輪 はにわ などによりある程度は知りうる。 ピアノやオルガンなどの鍵盤楽器を例にすると、鍵盤楽器は奏者が音程を作る必要のない楽器ですが、例えばピアノの「ド」という音をどのように聴くか — 全ての音にドレミの音が構成されており、またそこにはそれぞれの音に音程幅が存在し、 音程幅を細かく意識するとヘルツ単位にまで及びます。

Next