丸根 砦。 「桶狭間の戦い」は山の地形が重要! 今でも当時の地形が味わえるオススメ3つの史跡

丸根砦(愛知県名古屋市)の詳細情報・周辺観光|ニッポン城めぐり−位置情報アプリで楽しむ無料のお城スタンプラリー

永禄3年(1560年)5月19日、桶狭間の戦いの前哨戦が行われ、佐久間盛重を将とする織田軍が立てこもったが、松平元康率いる今川軍に敗れ全滅したといわれている。 現在は城址公園となっていますが遺構も程よく残り、豊明市教育委員会による調査で案内看板なども設置されてわかりやすい城址になっています。

Next

【丸根砦の戦い】佐久間盛重玉砕!松平元康(家康)が急襲!

なぜかというと、 公園として整備されていますので快適に散策することができるからです。

Next

名古屋市:桶狭間の戦いに関する史跡をご紹介します!(緑区)

しかしその大役を無事に果たすことができました。 そして丹下砦、善照寺砦に向かい 全軍の集結を待ちます。 松平元康が攻め落とした丸根と鷲津の砦は同じ丘陵上にあるが道が少し入り組んでいて遠く感じた。

Next

大高城(愛知県名古屋市)の詳細情報・周辺観光|ニッポン城めぐり−位置情報アプリで楽しむ無料のお城スタンプラリー

ちなみに大高城が安泰であれば、兵を鳴海城(今川軍の城)の援軍に追加して織田軍と徹底抗戦できる。 昭和十三年に国指定史跡になった時のものでしょう。

Next

城郭図鑑/丸根砦

正面奇襲説についてはこちら。

Next

丸根砦(まるねとりで)とは

名古屋市緑区の中島砦は、桶狭間合戦時に鳴海城を包囲した砦のひとつで守将は梶川一秀と伝わります。