嘘つき アーニャ の 真っ赤 な 真実。 嘘つきアーニャの真っ赤な真実(米原万里)を読みました

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫) [Kindle]』(米原万里)の感想(47レビュー)

ヤースナはなおもたたみかける。

Next

嘘つきアーニャの真っ赤な真実(米原万里) : 角川文庫

自分も行ってみたいと憧れてしまう。 会いたくて個人で会いに行ったのかと思ったら…、ちょっと感動が薄れる気がします。

Next

嘘つきアーニャの真っ赤な真実(米原万里)を読みました

プラハの春以前の東欧、ギリシャ人、ルーマニア人、ユーゴスラビア人とい 子どもの頃からずっとのほほんと日本で暮らして来た私には、米原さんのプラハのソビエト学校で過ごした少女時代の話はびっくりの連続でした。 どう考えたらよいか。

Next

米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』

それは、なんという名称の器官で、またその条件とは、いかなるものでしょう?」 質問に答えるよう言われたターニャ。 親から受け継ぐものをどう受け取るのか。 特に好きで印象に残っているのが三番目に出てくるクールで絵が大好きなヤスミンカです。

Next

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(米原万里) ― おすすめの本

」という一節も。 解き明かされたところで、すっきりするわけでもない。 いや、娯楽性の高いエッセーであり、すべての人にお勧めと思う。

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 : 米原万里: 現代世界をどう捉えるか

自分に連なる祖先、文化を育んだ自然条件、その他諸々のものに突然親近感を抱く。 この作品はいくつも素晴らしいところがありますが、個人的に最も感動したのは、50ヶ国もの国々からの共産党関係者の子弟が通っていたカオスのような学校の中で、気になる人物ができ、あるキッカケから心を通わせ、友人になるまでの小さな物語がハッとするぐらい瑞々しく描かれていること。 三編は連想的に書かれた短編の集まりではなく、登場人物を含め有機的につながり、三作目の「白い都のヤスミンカ」で協奏曲のように終わる。

Next

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 米原 万里:文庫

・買い逃すことがありません!• …と、登場人物に思いをはせてみましたが、旧共産圏の学校の空気を知ることができるという点でも興味深い一冊でした。

Next

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 角川文庫 : 米原万里

初めて読んだのは中学2年生、14歳。 マリ、あなたに見せてあげたいわ」p. 著者が日本でいえば小学校高学年から中学2年生ぐらいまで通っていたプラハのソビエト学校で出会ったギリシア人、ルーマニア人、ユーゴスラビア人(細かくいえばボスニア・ムスリム)の3人の親友との交遊を振り返り、1989年以降の旧ソ連共産圏崩壊に伴う混乱の中で、安否を気遣い再会するまでの物語です。