十 二 国 記 ss。 塙麒放浪記(仮)

王の食卓(戴国編)

自分を育ててくれた妖魔(大きいの)に「ろくた」と名づける(ドラマCDでは「大きいの」のままである)。 当初は事情がそれ以上明らかにされず、読者は『魔性の子』は、十二国記シリーズの外伝ではないかなど、様々に想像していた。 陽子が神である王だと分かり距離を置こうとする楽俊に、陽子は反発し、実際の互いの距離しか離れていないのだと告げ、楽俊はそれを受けて今まで通りの接し方をしようとする。

Next

十二国記

実際、狩獺の言動からは、柳国の制度 を犯罪者への差別が目的だと考えている様子が見受けられる。 20 ・ ……ほのぼの慶国三人娘。 『黄昏の岸 曉の天』以降は講談社文庫版が先に、続いてホワイトハート版が刊行されるようになった。

Next

十二国記の登場人物

昔気質の人を中心に目下から本名を呼ばれることを嫌がる人が多いが、特に気にしない人もいる。 天綱に対してこう呼ばれる。 国境は天によって定められている。

Next

【D】不思議の国の奇術師 【ハンターハンター二次創作SS / 長編完結】

送り先を指定すれば、その者が旅の道中であってもちゃんと届けることができる。 妖魔や神仙が神通力を持つのも、この世界に行って深山の泉を飲むからだといわれている。

Next

はてなアンテナ

陽子が街に下りて初めて交流をもった女友達で、遠甫と同様に陽子へこの世界の常識を教える。 王と誓約するまでは「蓬山公」(蓬山の主)とも呼ばれる。

Next

十二国記

梧桐宮に10羽から20羽程が住んでいる模様。 慈悲深い名君として知られた才の遵帝 は、『荒廃に苦しむ隣国の民を自国に救出するため』に出兵したところ、軍の越境から程なく、王と麒麟が通常ではありえない突然の変死を遂げた。 国の大きさは、一国を抜けるのに徒歩で3ヶ月、馬で1ヶ月、国境の山脈あるいは海を通るのに更に徒歩でおおよそ1ヶ月かかる。

Next