Toto 洗面 ボウル。 ベッセル式洗面器・手洗器

TOTOの洗面化粧台のシリーズの特徴や価格の比較、評判をプロの目線で紹介!

TOTOらしいポイントとしては、 陶器を使用している洗面ボウルは「セフィオンテクト」 、ハイバックカウンターに代表される清掃性の高さ、「きれい除菌水」など様々なポイントがあります。 【立ち上がり水栓のメリット】• そして、 カウンターと洗面ボウルは一体型構造になっています。 ダーク系インテリア ダーク系のインテリアには、カウンターをブラックにすることで、よりスタイリッシュになります。

Next

ベッセル式洗面器・手洗器

スタンダードグレードの洗面化粧台でありながら、お手入れのしやすいハイバックカウンターの採用や、普段の家事には使いやすいポイントがたくさん詰まった洗面化粧台です。 カウンター奥や水栓まわりにモノを置くスペースが確保できます。

Next

ベッセル式洗面器・手洗器

長年の水跳ねが、壁に付くと落ちなくなるからだ。 また 水栓も自社製造しており、水栓の品揃えはメーカー随一です。 カウンター形状のメリット・デメリット 洗面化粧台を選ぶ際に、カウンター形状は重要なポイントです。

Next

TOTOの洗面化粧台のシリーズの特徴や価格の比較、評判をプロの目線で紹介!

多様なプラン設定 「オクターブスリム」のキャビネットは、コンパクトな奥行を活かした使い方ができ、大きく分類すると 2タイプに分かれます。 デザイン性• 【立ち上がり水栓のデメリット】• TOTOの洗面ボウルには高級感と洗練された感じがありつつ、セフィオンテクトで傷つきにくい陶器製のボウルや、軽くて一体型などへの加工もしやすい人工大理石製の樹脂の材質があり、底面に傾斜があってゴミがたまりにくいものや、底面がフラットで洗濯や洗髪がしやすいもの、カウンターの上に置くタイプなど色々紹介しましたね。

Next

品番・商品名検索結果

掃除がしやすく、収納量が多い 最大公約数的視点で造られており万人が使い易い。

Next

品番・商品名検索結果

施工例M-house 1. 2連ボウルプラン 洗面本体はキャビネットでプランし、洗面ボウルが名前の通り2連ボウルでのプランです。 カウンター奥や水栓まわりにモノを置くスペースが確保できます。

Next

TOTOの洗面ボウルの種類や交換費用!陶器など材質についても

出典: ちなみに、ベッセル型は水ハネが少々気になりますが、薄くてスッキリとしているので、デザイン性が高く、とにかくかっこよくしたい!という方にオススメです。 【TOTO】 洗面ボウル L551CF Q 対応化粧台 品番 品名 シリーズ名 LDB600CL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600CNL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600CNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600CQL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600CUNL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600CWNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600CWZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600CZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600DL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600DNL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600DNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600DUNL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600DWNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600DWZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600DZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600FNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600FQL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB600FUNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB601FNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB601FQL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB601FUNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB601MNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB601MQL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB601MUNZL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB603CL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB603CUL 洗面化粧台 Bシリーズ LDB603G2L 洗面化粧台 Bシリーズ LDB603ML 洗面化粧台 Bシリーズ LDB603MUL 洗面化粧台 Bシリーズ LDE600CNZL 洗面化粧台 Eシリーズ LDE600CUNL 洗面化粧台 Eシリーズ LDE600CWNZL 洗面化粧台 Eシリーズ LDE600DNZL 洗面化粧台 Eシリーズ LDE600DUNL 洗面化粧台 Eシリーズ LDE600DWNZL 洗面化粧台 Eシリーズ. エスクアLSは、キャビネット形式にすることが決まっているのであれば、おすすめ!セミオーダーで、高級洗面がプランできる• 収納や高級感を優先するか、清掃面を優先するか、どちらかはご自身の好みになってきます。