古事記。 古事記|あらすじ

『古事記』『日本書記』…令和に日本の古典が読まれる理由

顏ごとに名がついております。 ( かづらき )の 一言主大神 ( ひとことぬしのおおかみ )• また、書名は安万侶が付けたのか、後人が付けたのかは定かではない。

Next

古事記・全文現代語訳

そこでタヂマモリは 蔓 ( つる )四本 矛 ( ほこ )四本を分けて皇后樣に獻り、蔓四本矛四本を天皇の御陵のほとりに獻つて、それを捧げて叫び泣いて、「常世の國の時じくの 香 ( かぐ )の木の實を持つて參上致しました」と申して、遂に叫び死にました。 この時にその皇后は 姙娠 ( にんしん )しておいでになり、またお愛し遊ばされていることがもう三年も經つていたので、軍を返して、俄にお攻めになりませんでした。 その他の訓みでは、「発」の字が『古事記』内では「オコル」「タツ」と訓まれているところから、「ハジメテオコリシ時」という訓も提示されている(西宮一民編『古事記修訂版』おうふう、初版刊行は一九七三、など)。

Next

古事記、全文検索

とか、あれれ???これってこーゆうこと???・・・なんて、ビックリするくらい奥が深くって、ゾッとするくらい神秘的な本でもあるんです。 スサノオはその者たちの名と、泣いている理由を尋ねたところ、「自分たち夫婦は 足 あし 名 な 椎 づち・ 手 て 名 な 椎 づち、間にいるのは娘の櫛名田比売(クシナダヒメ)だ」と答え、「自分たちには八人の娘がいたが、毎年八俣大蛇(ヤマタノオロチ)が訪れて娘をひとりずつ喰われてきた。 吉木氏は高校時代、アメリカ・ノースダコタ州に留学し、隣州で起こった先住民族の少年の銃乱射事件がきっかけとなり、民族のアイデンティティについて考察を深め、その過程で『古事記』の研究に着手。

Next

古事記、全文検索

そしてミルチァ・エリアーデは、『太陽と天空神』で、天の至高神がその崇高さゆえに、人々が安易に祭祀を行わなくなり、ときに神話や祭祀から除外され、次第に他の宗教形態にその座をとって代わられ、「閑な神」(deus otiosus)になるという変遷を論じた。 太陽は中天に昇つて光を増し、雲は散つて晴れわたります。 意富迩王 ( おおけのみこ )• 大きなお荷物のお持ち込みはお控えください。

『古事記』(橋本 治)|講談社BOOK倶楽部

そこで天皇は「わたしはあぶなく 欺 ( あざむ )かれるところだつた」と仰せになつて、軍を起してサホ彦の王をお撃ちになる時、その王が稻の城を作つて待つて戰いました。 アマテラス、ツクヨミ、スサノオ生まれました。 あと、相撲の 起源 ( きげん )を作りました。

古事記とは|【日本神話】古事記を現代語訳っていうかラノベ風にしてみた

こういう次第で御子を取ることはできましたが、母君を取ることができませんでした。 話を聞いた父神はたいそう喜び、姉の石長比売(イワナガヒメ)と併せて嫁がせようと言う。

『古事記』『日本書記』…令和に日本の古典が読まれる理由

そういうわけで、また降つておいでになつて、またあの柱を前のようにお りになりました。 この二神は伊勢神宮にお祭り申し上げております。

Next

古事記・全文現代語訳

そこでこの事を申し上げます」と申されました。 そこで後からイヅモタケルが河から上つて、ヤマトタケルの命の大刀を佩きました。 かくて大彦の命は前の命令通りに越の國にまいりました。