酒類 販売 管理 者 選任 届出 書。 酒類販売業免許Q&A

酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律の全文・条文

)の所在地及び名称 三 販売しようとする酒類の品目、範囲及びその販売方法 四 博覧会場、即売会場その他これらに類する場所で臨時に販売場を設けて酒類の販売業をしようとする者にあつては、その旨及び販売業をしようとする期間 五 その他財務省令で定める事項 2 前項の申請書には、申請者が法第十条第一号から第八号までに規定する者及び破産者で復権を得ていない者に該当しないことを誓約する書面その他財務省令で定める書類を添付しなければならない。 洋酒卸売業免許の申請では、日本の仕入先と日本の卸売先の取引承諾書が必要です。 定款の写し 現行定款を作成してください。

Next

申請・届出手続(酒税関係)

お名前を必ずお願いします。

Next

申請・届出手続(酒税関係)

必ず時間厳守でご出席下さい。

酒類販売業免許~お酒の販売に必要な免許の申請手続き徹底解説

各研修実施団体の連絡先は、国税庁のホームページ()からご確認ください。 「酒類販売業免許」は、酒類の販売先や販売方法によって免許が区分されており、 酒類の販売業者や製造者に対して酒類を販売(卸売)することを認める免許のことを「酒類卸売業免許」といい、 一般消費者や飲食店等に対して酒類を販売することを認める免許のことを「酒類小売業免許」といいます。 )を含み、次に掲げるものを除く。

酒類販売管理者制度で対応すべき4つのポイント

すでに知っていると思いますが、たとえば、運行管理者が辞職したにもかかわらず、新たな運行管理者を選任していない。 1 酒類販売管理者の選任義務 酒類小売業者は、販売場ごとに、酒類の販売業務を開始する時までに、「酒類販売管理者」を選任しなければなりません。 蔵元の証明書 通信販売酒類小売業免許の申請で、国産のお酒を販売したい場合に必要です。

Next

酒類販売管理研修

・天災等により中止する場合があります。

Next

酒類販売業免許業者に課せられる義務とは | 酒類販売業免許クイック東京

税務署で審査が行われ、審査期間は約2カ月程度である。 また一般消費者への小売もできません。

Next

~酒類販売業免許/酒類小売業免許、酒類卸売業免許などの取得なら~大門行政書士事務所

4.研修当日は、払込票(またはコピー)をご持参下さい。 都道府県納税証明書・・・都道府県税事務所• 年齢確認の実施及び酒類の陳列場所における表示など酒類の販売業務を行うに当たって遵守すべき法令に関する事項• 平成29年6月までに施行 なお、「酒類販売管理研修」は、どなたでも受講することができます。 申請者が酒類の製造免許若しくは酒類の販売業免許又はアルコール事業法の許可の取消処分を受けたことがないこと• )の氏名又は名称、酒類販売管理者の氏名及び連絡先等 使用する文字は、20 ポイントの活字以上の大きさの統一のとれた日本文字とします。

Next